富山城



富山城の歴史を訪ねる.
P1000882.JPG


千歳御門
P1000865.JPG


前田氏
P1000871.JPG



P1000873.JPG


石垣に巨石
P1000875.JPG


天守閣
P1000878.JPG


天守閣
P1000869.JPG



P1000876.JPG


佐藤記念美術館
P1000874.JPG



富山城
通称: 安住城、浮城

城郭構造: 梯郭式平城

天守構造: 不明

模擬天守/複合連結式望楼型3重4階(天守)2重2階(小天守)
(1954年 RC造)

築城主: 神保長職

築城年: 天文12年(1543年)

主な改修者: 佐々成政、前田利次

主な城主: 主に前田氏、他に神保氏、佐々氏

廃城年: 明治4年(1871年)

遺構: 石垣、堀

指定文化財: なし

再建造物: 模擬天守



富山城
富山の地は北陸街道と飛騨街道が交わる越中中央の要衝であり、富山城は16世紀中ごろ

越中東部への進出を図る神保長職により築かれたとされる。神通川の流れを城の防御に

利用したため、水に浮いたように見え、「浮城」の異名をとった。当時の神通川は富山城

の辺りで東に大きく蛇行しており、その南岸に富山城は築かれていた。





日本の「城」巡りTOP




posted by oojijisun at 09:34 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。